株式会社エコポート九州

情報公開

株式会社エコポート九州では、事業活動に伴う周辺生活環境への影響を把握し、適切な施設の維持管理を行っていく ための測定を行っています。

騒音・振動測定記録

測定日時
令和 3 年 3 月 23 日
測定地点
敷地境界の8地点(図1参照)
表1 騒音レベル(L05)測定結果一覧
No. 時刻 測定値
(dB)
規制基準 適否 主影響
1 6:38〜6:48 64 65
(dB)
施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
2 6:45〜6:55 62 施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
3 6:47〜6:57 64 施設稼動音
4 6:50〜7:00 55 施設稼動音
5 6:50〜7:00 62 場内作業音
6 7:04〜7:14 61 施設稼動音
7 7:05〜7:15 59 施設稼動音
8 6:33〜6:43 58 施設稼動音
昼間
No. 時刻 測定値
(dB)
規制基準 適否 主影響
1 10:20〜10:30 69 70
(dB)
施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
2 9:50〜10:00 65 施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
3 9:59〜10:09 60 施設稼動音
4 10:04〜10:14 54 施設稼動音
5 9:52〜10:02 59 場内作業音
6 9:30〜9:40 63 施設稼動音
7 9:33〜9:43 62 施設稼動音
8 9:44〜9:54 57 施設稼動音
No. 時刻 測定値
(dB)
規制基準 適否 主影響
1 21:10〜21:20 64 65
(dB)
施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
2 21:15〜21:25 60 施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
3 21:25〜21:35 57 施設稼動音
4 21:24〜21:34 49 施設稼動音
5 21:05〜21:15 55 場内作業音
6 21:17〜21:27 55 施設稼動音
7 21:31〜21:41 57 施設稼動音
8 21:07〜21:17 56 施設稼動音
夜間
No. 時刻 測定値
(dB)
規制基準 適否 主影響
1 22:00〜22:10 59 60
(dB)
施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
2 22:16〜22:26 72 × 施設稼動音
隣接工場稼動音の影響あり
3 22:25〜22:35 51 施設稼動音
4 22:33〜22:43 54 施設稼動音
5 22:00〜22:09 57 場内作業音
6 22:31〜22:41 57 施設稼動音
7 22:16〜22:26 56 施設稼動音
8 22:00〜22:10 58 施設稼動音
表2 振動レベル(L10)測定結果一覧
昼間
No. 時刻 測定値
(dB)
目標値 適否 主影響
1 10:20〜10:30 49 65
(dB)
施設稼動振動
2 9:50〜10:00 45 施設稼動振動
3 9:59〜10:09 45 施設稼動振動
4 10:04〜10:14 43 施設稼動振動
5 9:52〜10:02 39 施設稼動振動
6 9:30〜9:40 43 施設稼動振動
7 9:34〜9:44 45 施設稼動振動
8 9:44〜9:54 45 施設稼動振動
夜間
No. 時刻 測定値
(dB)
目標値 適否 主影響
1 22:00〜22:10 49 60
(dB)
施設稼動振動
2 22:17〜22:27 44 施設稼動振動
3 22:25〜22:35 37 施設稼動振動
4 22:33〜22:43 35 施設稼動振動
5 22:00〜22:10 34 施設稼動振動
6 22:32〜22:42 39 施設稼動振動
7 22:18〜22:28 41 施設稼動振動
8 22:00〜22:10 45 施設稼動振動

用役使用量(月あたり)

  • 電気 1,105,976kw
  • 井水(揚水量) 3,170 m³
  • 再生水 3,210 m³

事業場排水分析記録

採取年月日
令和 2 年 8 月 21 日
採取場所
水処理施設 放流水
採取時気温
37.0℃
採取時水温
36.6℃
No. 計量の対象 測定値 単位 基準値 適否
1 水素イオン濃度(pH) 8.5 - 5.0~9.0
2 生物化学的酸素要求量(BOD) 1.3 mg/L 600
3 化学的酸素要求量(COD) 23 mg/L - -
4 浮遊物質量(SS) 4.5 mg/L 600
5 n-ヘキサン抽出物質含有量(鉱油) 2.5未満 mg/L 5
6 n-ヘキサン抽出物質含有量(動植物) 2.5未満 mg/L 30
7 大腸菌群数 30 個/cm3 - -
備考
  • 水素イオン濃度(pH)の温度は、測定時の水温です。
  • 大腸菌群数は、計量法第107条の計量対象外です。

環境報告書ダウンロード